© 2023 MNET LLC. All Rights Reserved.

AIとグラフィックデザイン: デザイナーは心配すべきか?

AI・機械学習 GRAPHIC DESIGN TECH TRENDS グラフィックデザイン 技術動向
西原 良幸

どうも、デザイナーの西原です。本日のブログテーマは「AIとグラフィックデザイン: デザイナーは心配すべきか?」です。近年、成長著しいAI(人工知能)はさまざまな分野で活用されており、デザイン業界も例外ではありません。AIの進化がグラフィックデザイン業界に与える影響や、今後デザイナーがAIといかに共存していく方法をご説明いたします。

デザイン業界への影響

まず結論として、AIとデザイナーは共存する事が可能です。市場の動向等を常に把握する事を意識すれば、AIの発達を心配する必要はありません。むしろ喜ぶべきメリットが多くあります。

主なメリットとして、AIを活用することで、複雑な作業やルーティン業務を自動化することができます。レイアウト調整や画像のトーン補正など、手間のかかる作業をAIに任せることで、業務効率化をはかり、デザイナーはよりクリエイティブな仕事に集中できるようになります。

またAIの活用により、アイデアのインスピレーションを与えることも想像されます。デザインプロセスにおいて、AIが提案やアートディレクションを行うことで、デザイナーの創造性をサポートすることができます。デザイナー自身はAIからの提案内容を鵜呑みにするだけでなく、その提案の良し悪しを判別する能力が求められます。

またAIは大量のデータを解析することが得意分野でもあります。この点は1人のデザイナーが打ち勝つことは非常に難しい点です。ユーザーの嗜好や行動パターンを分析し、ターゲットに合ったデザイン提案のサポートに役立ってくれることでしょう。

デザイナーがAIを活用する方法

現在でも、AIを活用するための多くのデザインツールが市場にあります。例えば、「Adobe Sensei」や「Canva」のようなAI搭載ツールは、デザイナーの作業をサポートし、生産性を向上させます。
AIをライバル視するのではなく、AIと共存することで今後デザイナーに求められる能力と感じています。それにより、新たなデザインの可能性を広げることができるからです。AIの提案を受け入れ、デザイナー自身の培ったスキルと融合させることで、よりニーズに合った成果物をお届けできるようになると考えます。
技術は日々進化しています。AIがデザイナーのサポートをする、そんな事は私がデザイナーを始めた時はもっと先の未来だろうと半信半疑でもありました。デザイナーはAI技術の動向を把握し、新たなツールや手法を積極的に学び続ける姿勢が重要です。AIの活用によって得られるメリットを最大限に引き出すためにも、常に学習を続けることが、今後デザイナーに求められる能力になると感じます。逆に言えば、それらを活用しないデザイナーは時代に取り残され淘汰されていくでしょう。視覚的なデザインはあくまでオペレーションのような単純業務であるため、今後はUI・UX等、「人間」だからこそできる情緒的な提案能力がより求められています。

本日は「AIとグラフィックデザイン: デザイナーは心配すべきか?」というテーマをご紹介いたしました。

では、また!

西原 良幸

アートディレクター / デザイナー

1995年生まれ。大阪府出身。 大阪デザイナー専門学校グラフィックデザイン学科卒業後、大阪の制作会社「株式会社ジールプラス」に入社。6年間勤務。プレイヤーとしての制作業務(Webデザインやグラフィックデザイン)とディレクターとしてのプロジェクトの管理・人材育成を経験。現CEOと旧友である妻からの紹介でMNETの存在を知る。”Web業界を変えたい"というCEOの熱い想いとビジョンに心打たれ、現在の会社に入社。

HOT TOPICS
人気の記事

全て見る